膀胱炎ってどんな病気?

スポンサードリンク

犬の膀胱炎

犬の膀胱炎は、細菌が膀胱に感染することで発症する、
尿路感染症で、泌尿器系の病気のなかで、最も多い病気です。

雄犬の場合は、膀胱結石が尿道に詰まり、尿が出なくなることもあります。
飼い主さんの関心も薄く、見過ごしやすい病気です。

・犬の膀胱炎の原因

犬の膀胱炎の原因は、細菌による感染や、尿路結石症による場合が多いです。

細菌による感染の場合、雄犬よりも雌犬の方が多いようです。
理由としては、やはり人間と一緒で、
雌犬の方が尿道が短いことにあるようです。

本来、動物の体には自浄作用があるので、
健康な体内に細菌が侵入してもすぐに感染するわけではないのですが、
水を飲む量が少ない、膀胱内に長時間尿がたまっている、
あるいは、下痢や皮膚病など他の疾病によるストレスが
原因の背景としてあげられます。

・犬の膀胱炎の症状

犬の膀胱炎の症状としては、頻尿や排尿困難、血尿、膿尿が出る、
元気がなくなったり食欲が低下したりする、などがあります。

他にも尿道に違和感を感じるため、雌犬の場合は外陰部、
雄犬の場合は陰茎を気にして舐める、などの行動が見られます。


結石が原因による膀胱炎の場合には、尿路が詰まってしまう
危険性があります。
雄犬の場合、雌犬よりも尿道が細いため、尿路閉鎖に十分な注意が必要です。
ちゃんとおしっこが出ているか、確認しましょう。

・犬の膀胱炎の検査と治療法

尿検査を行います。結石や腫瘍の有無を確認するために、
膀胱のX線検査や超音波検査を行う場合もあります。


細菌感染による膀胱炎の場合には、抗生物質での投薬治療になります。
結石が見つかった場合には、食事療法での管理を行ったり、
外科的に取り除いたりすることもあります。

・犬の膀胱炎の予防法

膀胱炎の予防法としては、新鮮な水をいつでも飲めるようにする、
しっかりおしっこをさせる、発症原因を取り除くことが大切です。

犬の膀胱炎も再発が多いため、飼い主さんが日ごろから注意して
行動を見てあげると共に、少しでも異変に気が付いたら、
すぐに病院で受診して治療を受けるようにしましょう。


| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫の膀胱炎

最近のペットブームで、猫を飼われている方も
いらっしゃると思いますが、
猫の尿路疾患の中では膀胱炎は比較的、遭遇しやすい病気です。
しかも、なかなか治りにくいようです。

・猫の膀胱炎の症状

症状としては、頻繁にトイレに行くが尿量が少ない、血尿が出る、
尿が出ない、尿臭がきつくなる、白っぽく濁りがある尿が出る、
おしっこをする時の格好が変な感じに見える、(痛がっている)
トイレ以外の場所でそそうをしてしまう、というケースがあるようです。

また、元気がなくなったり、食欲がなくなったりする子もいるようですが、
普段と変わらずに見える子もいるようです。
放っておくと、尿毒症になり死亡する場合もあります。

・猫の膀胱炎の原因

猫が膀胱炎になる場合は、膀胱内に出来た石によって粘膜が傷つく、
あるいは、細菌により膀胱内に炎症が起きるようです。

・猫の膀胱炎の検査と治療法

膀胱炎の検査は尿検査で行います。
治療方法も主に抗生物質の投薬となりますが、
尿道にカテーテルを挿入して尿を出すようにする、
といったケースもあります。

まれに処方された抗生物質が効かないこともあるため、
指定された期間の投薬が終わっても、必ず再診を受けることが重要です。


・猫の膀胱炎の予防法

発症原因を出来る限り取り除き、新鮮な水を
いつでも飲めるように用意する、
トイレを清潔にする、適度な運動をさせるなど
日ごろのケアが大切です。

膀胱炎は再発が多い病気です。
早期に治療をすればほとんど回復しますが、
適切な治療をしないと再発することも多い為、
飼い主さんが排尿困難の気配に気がついたら、すぐに病院で受診し、
治療を受けさせるようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

膀胱炎の治療で病院にかかる際に

膀胱炎での診察に適した診療科目は泌尿器科です。

泌尿器科では、膀胱炎の全般的な治療をします。

尿検査等や、抗生物質などの薬物治療を中心に行い、
膀胱炎に関する知識の指導なども行います。

・病院を受診する際に、今の自分の症状がどういったものなのかを
しっかりと伝えましょう。

・医師の説明をちゃんと聞いたうえで、わからない事はきちんと
質問しましょう。

・治療の効果や危険性についても医師とよく相談しましょう。

・症状が改善、あるいは悪化しても治療後の経過を報告することも
大切です。

・日ごろから病気で困ったりした時に、一人で考え込まず、
相談できる相手を持つことも重要です。

・病気かな?と思った際には、1つの情報だけを鵜呑みにせずに、
出来るだけ多くの情報を手に入れることも大切です。

・自分自身が納得のできる医療サービスを受ける為にも、
自分なりのものさしをしっかりと持ち、病院や診療所、
あるいは医師を選択する力を養いましょう。

・出来れば自宅から近い場所に、かかりつけ医や薬局などを
見つけておくと便利ですね。
その場合にも、ちゃんと話を聞いてくれて、
自分の知りたい情報や薬についても的確にアドバイス
してくれるところを見つけておきたいものです。

病気になって、病院を受診するのは不安もあったり、
勇気もいりますよね。
ですが、治療を受ける患者としての心構えも大切だと思います。

医師との信頼関係をしっかりと築きながら、治療に専念する為にも、
患者としての力も養いたいものですね。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

膀胱炎と抗生物質

膀胱炎の原因の多くは大腸菌などの細菌です。

痛みや血尿で発症が疑われたら、すぐに尿検査で原因菌をつきとめ、
菌にあった抗生物質を使います。


抗生物質を使った治療を開始すると、普通は数日で痛みが消え、
1週間から10日ほどで尿中の菌も消え、回復します。

例え飲み始めて炎症が治まったとしても、
自己判断で飲むのを止めてしまうと、悪化したり、
分泌物や膿が出たり、菌が尿路を上行して、腎機能に悪影響が出ることがあります。

また、膀胱炎の場合、抗生物質に対する耐性を、
すぐに菌が獲得してしまうといったケースもあるため
飲むのを止めてしまうと再発をしやすい原因にもなります。

抗生物質は、進行中の細菌の感染を治療する為だけではなく、
感染予防の目的もありますので、
処方された抗生物質は、用法、用量を守って、
きちんと最後まで飲みきりましょう。

抗生物質といえども薬ですから、副作用が起きる場合もありますし、
アレルギー反応がある場合もあります。

多くの場合、下痢や胃のむかつきがあるようです。

ですので、服用中の症状の変化を見逃さない注意も必要です。

抗生物質を服用していて、副作用やアレルギーが起きた場合は、
ただちに医師に報告して指示を仰ぐようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠と膀胱炎の関係

ただでさえ、女性に多く見られる膀胱炎ですが、
妊娠中に膀胱炎になるケースも多くあります。


妊娠中に子宮が大きくなり始め、膀胱が子宮に圧迫されて、
膀胱炎が起こりやすくなり、頻尿や残尿感に悩まされるようになるのです。


膀胱が赤ちゃんによって圧迫された状態では、
膀胱を完全に空にする事が難しくなるため、
常に、少量の尿がたまっている状態になります。

その為、頻尿や残尿感の原因になり、細菌を繁殖させやすい状態になってしまうのです。

また、妊娠中は抵抗力が落ちやすく、
おりものなどによって外陰部が不潔になりやすいため
膀胱炎になりやすい環境にあると言えます。

妊娠中でトイレに行くのが面倒だからといって、
水分を摂ることを制限しないで下さい。

妊娠中は、赤ちゃんに血液を送るために血液量が増えます。

水分の摂取を制限しても赤ちゃんには血液が送られるので、
母体は脱水状態になってしまうのです。

脱水状態で他の病気を引き起こす場合もあるので
水分はしっかりと摂取して、しっかり排尿するようにしましょう。


また、膀胱炎自体が赤ちゃんに何らかの影響を及ぼす心配はないですし、
膀胱炎の治療に使用される抗生物質も、安全性が確認されているので、
服用することによる、赤ちゃんへの影響を心配する必要はありません。


ただし、悪化して腎盂炎になる場合がありますので、
排尿に血が混ざっていたり、ちょっとでも残尿感や痛みなどがあったら、
早めの診察と治療を心がけましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

膀胱炎と血尿

血尿とは、尿中に血液(赤血球)が混入することをいいます。

血尿には、肉眼でも明らかな赤い尿が出る肉眼的血尿と、
肉眼ではわかりにくいけど顕微鏡で見ると尿中に赤血球が確認できる、
顕微鏡的血尿があります。

正常の人は尿中に赤血球は混入することはなく、尿を顕微鏡で調べて
一視野に4個以上の赤血球を認めた場合を、顕微鏡的血尿といいます。

膀胱炎で血尿が出る場合、ほとんどはウイルスや細菌によるものが多く、
一般的に出血性膀胱炎とは、ウイルス性のものをいいます。

出血性膀胱炎の場合、発熱することもありますが、
高熱ではなく微熱の場合がほとんどで、
痛みは排尿の最中から終わりにかけて強く感じます。

診断としては尿検査を行って、尿中に混入しているものが血液かどうか?
膀胱炎時に見られる細胞があらわれているかどうかを確認します。
場合によっては尿のウイルス検査をすることもあります。

多くの場合、排尿痛や頻尿、残尿感も1週間以内になくなり、
肉眼的血尿は数日で消え、自然に治ることがほとんどですが、
安静と水分摂取を心がけて様子を見ることが大切です。

膀胱炎以外で血尿が出る場合もありますので、
明らかに血尿が見てとれる場合は
早めに泌尿器科を受診し、尿検査を受けてみましょう。

膀胱炎以外の血尿で考えられる病気

・腎臓ガン、腎盂ガン、尿管ガン、膀胱ガン、前立腺ガンなど
(大腸ガンや子宮ガンの転移で血尿を生じることもある。)

・尿管結石
(結石が尿管の細い部分につまり、痛みと血尿を生じる。)
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

膀胱炎に効果的な食品と栄養素

大量の排尿が効果のある膀胱炎は、
利尿効果のある食べ物で排尿回数を増やすことも大切です。

利尿作用を促すには、サポニンやルチン、タンニンなどの成分が有効です。
サポニンは小豆の皮に多く含まれており、利尿効果を促すとともに、
炎症も鎮めてくれる効果があります。

ルチンを含む食品には蕎麦があります。
蕎麦を食べる時に蕎麦湯も飲むようにすると、より効果的ですね。
その他に、大豆や納豆、きなこにもルチンが含まれています。

タンニンを含む食品にはレンコンがあります。
レンコンは利尿作用のほかにも止血作用や消炎作用にもすぐれています。
痛みがひどい時や血尿がある時に、レンコンのしぼり汁を飲むと
効果があります。
レンコンの他には紅茶にもタンニンが含まれています。

他にもポリフェノールを多く含むクランベリーや、
大豆にも尿が出やすくなる作用もあるので、
豆乳やお豆腐など、大豆製品も効果的です。

成分の90%が水分である、冬瓜やすいかなども摂取することで
効果が期待できます。

漢方でも小豆がゆを、解毒・利尿効果を目的として食べますが、
赤小豆は最初に煮出した汁に利尿作用があり、
汁を捨てて作ったあんには利尿作用はありません。

おはぎやお汁粉など、小豆ともち米はセットになりがちですが、
もち米には排尿を妨げる作用があるため逆効果です。

小豆が入っているとはいえ、おこわやおはぎなどは食べないよう、注意が必要です。

その他、栄養成分としての働きから、膀胱炎に効果があるのは「IPA」「ビタミンA」「ビタミンC」
「ビタミンE」などがあります。

「IPA」は、膀胱の粘膜の炎症を抑えるのに有効で、
マグロやぶりなどに多く含まれています。

「ビタミンA」には、粘膜を丈夫にして細菌の侵入を防ぐ働きがあります。

「ビタミンA」にはレバーなどに含まれるレチノールと、
にんじんやかぼちゃに含まれている植物性のカロテンとがあり、
カロテンには免疫細胞を活発化させる働きが認められていますので、
油と一緒に摂ることで吸収率が上がるので、野菜炒めなどにして摂ると効果的ですね。

また、「ビタミンC」には白血球の働きを強化して
免疫力を高めてくれる効果がありますので、
いちごやキウイなどを摂取するのも効果的です。

同じく「ビタミンE」にも免疫反応を高める働きがあるので、
うなぎやたらこの摂取も効果的です。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

膀胱炎の治療と予防法

一般的には大腸菌や細菌などによる、急性膀胱炎の場合には、
泌尿器科を受診後に処方される抗生物質を
1週間から10日ほど服用すれば回復するケースがほとんどですが、
慢性膀胱炎の場合は、尿の流れに障害が起こっている場合が多い為、
再発防止のために、一ヶ月以上投薬を行う場合もあります。


予防法としては、

・疲労をためない。
・体を冷やさない。(特に下腹部)
・極端なダイエットはしない。
・ストレスを溜めないようにする。
・十分な睡眠を摂る。
・水分をしっかりとる。(しかし、排尿はがまんしない)
・外陰部を清潔に保つ。(入浴時に丁寧に洗う、ナプキンもこまめに替える)

体力が落ちている時には、体の免疫力も低下しているので、
膀胱炎になりやすい場合もあります。
いつもよりも気を配りましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

膀胱炎の薬と漢方薬

膀胱炎の原因の多くは大腸菌などの細菌です。
痛みや血尿で発症が疑われたら、すぐに尿検査で原因菌をつきとめ、
菌にあった抗生物質を使います。


治療を開始すると普通は数日で痛みが消え、
1週間から10日ほどで尿中の菌も消え、回復します。
しかし、治療が遅れたり、自己判断で薬を止めてしまうと
炎症が再燃、悪化して分泌物や膿が出たり、菌が尿路を上行して、
腎機能に悪影響が出ることがあります。

症状や痛みなどを軽視せず、病院で受診後に処方してもらった薬は
きちんと最後まで飲みきりましょう。

症状が強い時は、抗生物質による治療が優先されますが、
再発を繰り返す場合や、慢性化した炎症には漢方は有効です。

菌が確認されなくなったのに、排尿痛や頻尿が続く、
体力を回復させたい、抵抗力をつけたい時、
抗生物質が強すぎて、服用間隔をあけたい時にも漢方は効果的です。

よく用いられる漢方処方

・「竜胆瀉肝湯」(りゅうたんしゃかんとう)
体格がよく体力もある人の尿道炎、膀胱炎など、
泌尿器科の炎症全般に用いられる。

・「大黄牡丹皮湯」(だいおうぼたんびとう)
比較的体力のある人で、下腹部痛や、排尿時に痛みがあり、
便秘、不安感、動悸、血尿などがある場合に用いられる。

・「五淋散」(ごりんさん)
体力は中程度の人で、慢性的な尿路の炎症がある場合に用いられる。
頻尿、排尿痛、残尿、尿のにごり、血尿などで用いられる。

・「猪苓湯」(ちょれいとう)
膀胱炎や尿道炎の治療に用いられる。
排尿時の痛み、残尿感、排尿困難、尿量減少、
血尿などの症状がある場合に用いられる。

・「五苓散」(ごれいさん)
体力の程度によらず、のどの渇き、水分をたくさん摂っても
尿量が減少する、むくみなどの症状がある場合に用いられる。

・「清心蓮子飲」(せいしんれんしいん)
体質虚弱な人の慢性膀胱炎や、泌尿器の病気に用いられる。
頻尿、排尿痛、残尿感、尿が出にくい、神経過敏などで用いられる。

・「猪苓湯合四物湯」(ちょれいとうごうしもつとう)
血色のよくない人で、尿道炎、膀胱炎などの血尿、残尿感、
排尿痛が慢性的にみられるときに使われる。

・「当帰芍薬散」(とうきしゃくやくさん)
体質虚弱で排尿回数や、尿意減少、貧血、下腹部痛などに用いられる。

・「八味地黄丸」(はちみじおうがん)
体力の低下した中年以降の人で、排尿困難、頻尿で尿意減少
または過多、疲労倦怠感、冷えなどの症状がある時に用いられる。
 
漢方薬も市販されているものもありますが、自己判断せずに、
漢方薬局や漢方外来などを受診して、相談されることをおすすめします。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

膀胱炎の症状と原因

膀胱炎は、症状が軽い場合は、尿が近くなり、
トイレから帰ってきてもまたすぐに行きたくなる(頻尿)
排尿後もまだ残っているような感じがする(残尿感)
というのがおもな症状です。

炎症がひどくなると、痛みは特に、排尿の最後に感じることが多く、
また、刺すような激しい痛みで、ひどい場合には気を失ってしまう、
といったケースもあります。

その他に、尿がにごる、血尿がでるなどの症状もあります。

膀胱炎の多くは、大腸菌やブドウ球菌などの細菌が尿道から侵入し、
膀胱まで達して粘膜に炎症を起こさせてしまうのが原因です。

女性に多くみられる病気ですが、その理由としては、
女性の尿道が男性に比べて約4cmと短く、膣や肛門に近いことにあります。

女性は尿道口周辺の外陰部に分泌物が多く、
細菌が繁殖しやすい状態にあるうえに、尿道が短く、
尿道括約筋の働きも弱いので、細菌が膀胱まで容易に達してしまうのです。

健康であれば多少の細菌が侵入しても、細菌に対する抵抗力や排尿時の
自浄作用により炎症を起こすまでには至りませんが、
排尿をがまんしたり、疲労や睡眠不足、冷えや便秘、
あるいは性交などが誘因となり、
膀胱炎を引き起こしてしまうこともあります。

外陰部を清潔に保ち、体、とくに下腹部を温めるなど、
膀胱炎になるような条件を排除して予防することが大切です。

膀胱炎は比較的治りやすい病気です。
おかしいな?と思う症状が出たら、自己判断をせずに、
早めに病院で診察を受けることをおすすめします。
タグ:膀胱炎
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。